いつもより少し
背伸びした京ぐらし
本物の日本に出会える宿「鈴」

京町家あれこれ

住居として完成された「町家」。
その美しさや使い勝手のよさは長い長い歴史の中で磨かれ工夫されたものです。
京町家の魅力は京都に都が遷された平安時代から蓄積されたもの。
宿泊いただくゲストの皆様に少しでもその魅力を知っていただけれたら幸いです。

京町家とは?

京町家とは?
京都の商家の伝統的な建築
京町家とは、京都の街なかで見られる伝統的な木造建築様式のことです。
住人が同じ建物の中で日常生活と商売の両方を営むことができるような間取りになっています。
京都市の定義では「1950 年(昭和 25 年)以前に伝統的木造軸組広報で建てられた木造家屋」とされていますが、その定義はさまざまで、統一された見解はありません。
京町家とは?

うなぎの寝床

細長くすみにくそうな空間にはどのような意味があるのか

うなぎの寝床
細長い敷地に建てられた京町家は” うなぎの寝床” と呼ばれ、間口が狭く奥行きの深い造りが特徴です。
これは江戸時代に、間口の広さによって決められていた税金を少なくするため、また、通りに面して並ぶ店の数を増やして街並みににぎわいを持たせようとしたためとも言われています。
通常、表の窓には木製の格子が施され、中央部に和風の中庭があります。
空間ごとの機能と美しさから先人たちと住まいの関係が見えてきます。

京都の気候

京都の気候
夏は蒸し暑く、冬は底冷え
京都市は盆地の為、夏は蒸し暑い、冬は底冷えすることで有名です。
奥行のある京町家はその構造を活用し、中間に坪庭を配置することで夏の蒸し暑い表の通りとの温度差によって、風の流れを住まいに取り込むといった工夫が見られる空間になっています。
そのため、必然的に冬は、冷たい風が通り抜けてしまうデメリットを生んでしまったのです。
京都の気候

町家の木造建築

町家の木造建築
京町家の持つ木の香りとい草の香り
新築、リノベーションを施した京町家には新しい木と畳の香りが漂います。
特に畳の原料である「い草」の成分には生薬や漢方薬に使われているものと同じ成分が使われていているものが多く、安らぎやリラックス効果があると言われています。
また、浴室壁の「ひのき」の香りもリラックス効果が高く、森林浴と同じような効果をもたらすと言われています。
町家の木造建築

町家の構造

  • 一文字軒瓦 一文字軒瓦

    一文字軒瓦

    軒先の垂れの下端が一直線になるようにした軒瓦。
    江戸時代の度重なる大火事から瓦が用いられるようになりました。
    町並みに統一感をもたらし、すっきりとした印象をあたえます。

  • 犬矢来 犬矢来

    犬矢来

    雨の跳ね返りから壁を守るために付けられた竹製の囲いのこと。
    道幅が狭く、舗装もされていない時代に、荷馬車が通る際のほこりから守る意味もありました。
    また、竹のしなりと油分によって盗賊の足がかりにもならないなどの効果もあり、江戸時代中期ころより作られました。

  • 暖簾 暖簾

    暖簾

    目隠しや、風除けの意味を持って使われていました。
    江戸時代初期に染織が発展し、屋号や商標などをデザイン化し染めたものを看板のように使われるようになっていきました。

  • 虫籠窓 虫籠窓

    虫籠窓

    町家特有の低い 2 階にある、漆喰で塗り固めた窓。
    京都の暑い夏には欠かせない要素で、屋根裏の熱を抜き、下の部屋を涼しくさせる効果があります。
    通風や採光を良くする機能に加え、たて格子が作り出す陰影の美しさも特徴です。

  • 格子戸 格子戸

    格子戸

    ほとんどの京町家に共通してあるのが、この格子戸。
    外からは内部が見えにくく、中からは外の通りがよく見えるため、防犯の役割を果たします。
    また家業によって格子の太さや長さが異なり、格子から職業をうかがうことができます。

  • 店の間 店の間

    店の間

    町家の通りに面した1階の部屋をいう。商売のための店舗スペースで商売上の客や近所の要件はここで済ませることが多かったようです。

  • 通り庭(土間) 店の間

    通り庭(土間)

    京町家の表から奥へと続く細長い土間を通り庭と呼び、風通しや採光とともに人の通る場所でもあります。
    店の間には見世庭、玄関には玄関庭、台所から奥へ坪庭や蔵のところは走り庭と呼びます。
    現在の玄関にあたる部分に土間と呼ばれる広いスペースが残っているところもあります。

  • 走り庭 走り庭

    走り庭

    現代のキッチンの機能を持つ「ハシリ」は主婦が忙しく、走り回るように働くことから「ハシリ」と言われるようになった空間です。
    熱を逃がし煙を処理するために、上部は「火袋」という吹き抜けになっていて、美しい小屋組が見られます。
    竈(おくどさん)で薪を炊いていた時代、ハシリは家の中でもっとも暖かい場所でしたが、電気やガスが燃料となった今、冬のハシリは最も寒い場所となり、多くの町家は床を上げることになりました。

  • 階段 走り庭

    階段

    京町家にある階段は、非常に狭いスペースの住居でありながらそのスペースを上手く活用しているため急勾配のものが多いです。
    階段下に収納スペースを作ることで、収納場所も確保できるのです。

  • 坪庭 坪庭

    坪庭

    町家の庭は使うというよりは観るための庭です。
    裏庭とは別に、大きな京町家では部屋と部屋の間の小空間に「坪庭(つぼにわ)」を作っているところが多いです。
    間口が狭く奥に長い町家には、光や風を通すために庭は欠かせない存在なのです。

新築町家

新築町家
老朽化が激しく、再建築が可能なところは(京都市には再建築が不可能な地域もあります)町家風に建物を新築し、周囲との景観を保っています。
新築町家